Macな暮らし Shade13悪戦苦闘
Stacks Image 242
shade13/実際にレンダリングして確かめて見る
Shade13ガイドブックでの説明にしたがってレンダリングしたもの。
実際に一通り実践して見ると分かりやすい。

このチュートリアルファイルは 
http://www.bnn.co.jp/download/Shade13GB/ からダウンロード出来る。

色々設定した後なら、初期設定をクリックしてからまず、「レイトレーシング」で

名称未設定-3
「レイトレーシング」のレンダリング結果。


次に「レイトレーシング」より上の「パストレーシング」でレンダリング。(床の表面材質に「反射」「荒さ」が設定されている場合はこの方がいい結果が出る)
その分、時間がかかる。

名称未設定

名称未設定-2
「パストレーシング」のレンダリング結果。

これより更にリアルなイメージにするために「大域照明」を設定。これは、光の照り返し(間接光)を計算してくれるので、写真のようなレンダリングが期待出来る。

名称未設定-1
ここでは、イラディアンスキャッシュのチェックを外す。

名称未設定-5
「大域照明」を設定したレンダリング結果。
陰影がのっぺりしたような違和感があるとか、初めてのレンダリングで理解出来ないが。
この原因は「光源」設定の「環境光」にあるらしい。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 名称未設定
環境光スライダを「0」にする。
この設定は、大域照明を使わない場合「擬似的」に設定するもので大域照明を使う場合は「0」でいい。

名称未設定-6
環境光スライダを「0」にしてレンダリングした結果。
陰影はうまくいった?しかし、薄暗い。光源を強くする方法などがあるが、
最も簡単で強力な「色補正」ウインドウを使って調整。

メインメニューの「表示」から「色補正」を選択。

名称未設定-2
レンダリング直後にこのウインドウを開くと、右側にプレビューが表示される。

名称未設定-3
ゲイン:1.4、ガンマ:2.8、コントラスト:1.4に変更。右下が指定の値のプレビューになる。

名称未設定-7
色補正後のレンダリング結果。ノイズが目立つ。
今度は、「レイトレーシング」の画質をあげてノイズを緩和する。

名称未設定-4
「その他」のタブから「レイトレーシングの画質」を50から150に変更。

名称未設定-5
「レイトレーシングの画質」を50から150に変更してレンダリングした結果。
これでもノイズが気になるなら更に上げてやるといい。
しかし、ノイズを目立たないくらい上げるとレンダリング時間がかかると言うことになる。

そこで、次は「イラディアンスキャッシュ」を使ったレンダリングがある。

名称未設定-6
まず、いま「レイトレーシングの画質」を50から150に変更したのを「50」に戻す。
これは「イラディアンスキャッシュ」はノイズが発生しにくいから画質を上げる必要がないからである。
また、「イラディアンスキャッシュ」は間接光を計算するポイントを間引くことで時間を短縮しているので、細部がつぶれやすい難点がある。

名称未設定-7
「イラディアンスキャッシュ」をオンにすることで計算を簡略化出来る。
それと引換にイメージのクオリティーが若干落ちてしまう可能性がある。
キャッシュの品質を落とすと全体に斑状のモヤが広がったりします。デフォルトは「125」。
「細部強調」のチェックは壁の入隅や込み入った箇所だけを「イラディアンスキャッシュ」の計算精度を上げるという機能。
全体の品質を上げる必要がなく、細部のつぶれやすい箇所だけを綺麗にするという便利な機能である。

名称未設定-8
「イラディアンスキャッシュ」をオンにしたレンダリングです。
使わない方法と比べると、約6割のレンダリング時間で済むことになる。

「イラディアンスキャッシュ」の基本設定手順
「細部強調」は常時オン。
  • 陰影のディティールが弱い場合は「キャッシュトレランス」を下げる。
  • 全体にモヤのようなノイズが目立たなくなるまで「キャッシュの品質」を上げる。(壁際など細部にだけモヤが目立つ場合は「品質倍率」を上げる)
  • 「キャッシュの品質」又は「品質倍率」の値をどれだけ上げてもモヤが消えない場合にだけ、「サンプル感覚」と「サンプル感度」を上げる。
注意!:「キャッシュトレランス」を下げた分「キャシュの品質」を上げなければモヤの原因となる。
時間を優先する場合は、「キャッシュトレランス」をあまり下げずに「キャシュの品質」を低めに設定。
Shadeに苦情
レンダリングした後、設定を変えて、レンダリングし直すと何故かバックが白くなって、うまくレンダリング出来ない時がある。もう一度、透視図をクリックしてやり直すとうまくいったりするが、これどうにかして欲しい。