繧「繧ッ繧サ繧ケ繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー
スナップショット作成「Skitch」 Macと気ままな暮らし、コーヒーとiTunesのカントリーを聞きながら。
Snapping
画像をスナップそしてスキッチに画像を移動
様々な方法でSkitchにイメージを入れることができます:
  • デスクトップかアプリケーションのSnapshotsを撮る事。
  • iSightまたはWebcamからSnapshotsを撮ること 。
  • ドラッグ&ドロップをサポートするFinderや他のアプリケーションからイメージをドラッグして入れること。
  • iPhotoからの写真を開くこと。
  • スケッチの空白のページの上に画くこと。
あなたのスクリーンのSnapshotsを取る。
スナップする時の『十字線』は最も便利なものです。右上のSnapボタンをまずクリックして、スナップしたい場所の上でクリック&ドラッグしてください。他のオプションは、ツールボックスメニューから入手可能です。
(下図が十字クロス線で クリック&ドラッグしている様子です。)



Window(ウインドウ枠)のスナップ
Snapを使用して、ターゲットカーソル(十字線Cross hair)で単にスナップしたい窓をクリックするだけで、ウインドウの自動切抜きSnapshotを取ることができます。
現在そのウインドウに示されている内容でスナップします。
(つまり、スクロールしなければ表示されないように長いページなどはスナップできません。)
結果イメージはしっかり切り取られるますが、ウインドウはOS X-windowsについている影のため、バックグラウンドがいつも見える状態で撮られます。
そのウインドウのまわりの処理の仕方を選択することができます。下図の一番下にそれがあります。「White」「 Transparent」 「Desktop Picture」です。

kitchPreferencesでウインドウ枠のバックの処理の仕方を設定できます。
 
Preferences>SettingsSnaps:Backgroundの説明
Stacks Image 920
White
下の様にウインドウの外周りのバックが白地で、ホワイトページに配置するためのウインドウ写真を撮る場合はここを選択。
Stacks Image 921
Transparent(透明)
透明の背景画像を作成するのに使います。
注:エクスポートされた画像は、 jpg透明白レンダリングされます。
Stacks Image 922
Disktop Picture(Wallpaper-壁紙)
デスクトップのバックを含めた視点でショットの縁を満たします。この場合はOSXのディスクトップがバックに取り込まれています。
その他のスナップモード
  • Fullscreen Snapshot(ディイスクトップ全画面ショット
  • Frame Snapsho

左上の工具のツールをクリックすると下の用に表示されます。(メニューから選択する場合は
Captuer→Frameがそれみたい。)


「Fullscreen Snapshot(ディイスクトップ全画面ショット)」は、ディスクトップに表示されているすべてを捕えます。これは左上の工具のツールボックスメニューで見つけることができます。(上図参照)

同じくメニューから「Frame Snapshot」(上図右参照) は、Skitcheのフレームだけを表示します。(下図参照)それはスキッチフレームの中をシースルーにします。そして、フレーム内に表示されている画面をSnapし『額装』することができます。もちろんフレームは自由に移動して必要な画面を選択できるわけですね。つまり額装された部分がスナップされる訳です。



 スナッピングのヒント
  • スナップを撮って、その上にスケッチして矢印や線を描いた後、スナップした元の画像を削除することができます。バックのスナップを取り除きたいときに「Wipe Snap only」(下図右参照、メニューの下から2番目)を選択することでこれができます。(Wipe Snap only スナップだけを取り除く)取り除いてしまったと思った時はフレームの右下の「Undo」で戻します。
  • 「タイマーモード」はSnapをクリックした後、シフトキーを押さえながらスナップするとタイマーが作動してスナップします。時間3秒?メニュー選択を捕えるとき等、若干の時間を必要とするときに便利です。
  • スキッチは、ホットキーでSnapshotsできます。いつでもControl+Shift+5を押すことでクロス十字スナップを撮ることができます。スキッチの初期設定でこれを調節することができます 。(変更の仕方は丸の中に×があるのをクリックして実際にキーボードで入力すると変更できる)
デフォルトでは
  • シフト+コマンド+5(十字クロススナップ)
  • シフト+コマンド+6(フルスクリーンススナップ)
  • シフト+コマンド+7(フレームのスナップ)


  • 単一の窓のきちんとしたSnapが欲しいなら、窓の上を一度クリックしてください。そうすれば、Skitchはうまく窓を切り取るでしょう。 透明なバックグラウンドやデスクトップバックグラウンド等ののオプションがあります。
  • スキッチで完全な決心イメージを出力することを望むならば、『Export at original size』をチェックしてください。

  • 再度のような高度な機能のためのツールボックスはメニューでご覧になれます。例えば:ペンで作成したラインを保ちながら新しいスナップ写真をとること等。(ツールで描画した後、下のようにメニューから「Re-snap(Keep Pen)」を選択すればOK)


  • デスクトップと同じサイズである必要があるSnapshotsを取るときには、Frame Snapshotを使用してください。
Taking an iSight photo(iSightの写真を撮る)
  • Camボタンを押してください。
  • 撮影したいとき、点滅するSnapボタンを押してください。
  • これでOKです。
カウントダウンを無視したいなら、最初からShiftボタンを押しながらSnapをクリックします。

※iSightとは
アップルが販売するビデオチャット用のビデオカメラ。マイクも内蔵されており、ブロードバンド接続環境でiChat AVと連動すると、ビデオ会議、友人や家族とのビデオチャットなどを実現できる。別に他のチャット用のカメラでもOKです。




Dragging in Images(画像のドラッグ)
You can drag most image files types directly on to the Skitch window from the Finder, or any other application. You can also Copy and Paste into Skitch from other applications.
直接ウインドウに大部分の画像ファイルタイプをドラッグせることができます。また他のアプリケーションからスケッチに、CopyとPasteで貼り付けることができます。

The Photos browser
(Photosブラウザ )
Photos」ボタンはあなたのiPhotoライブラリのイメージのためのイメージブラウザ、Apertureライブラリ、およびPicturesフォルダーにあなたをお連れします。 Skitchでそれを開くために左上の「 Photos」クリックします。



 
 
iPhotosやその他の高解像度の画像に関する注意
When you resize using the Skitch corner handles, you are affecting the size that Skitch will output.
スケッチのコーナーハンドルを使用してサイズを変更する場合は、スキッチの出力の大きさに影響します。
つまり、表示されているサイズの大きさは、保存するサイズと等しい訳で小さくすれば保存サイズも小さくなるわけですね。
1つの例外があって、すなわち、あなたがドラッギングするか、またはSnapがSkitchがある本当に大きいイメージをドラッギングすると、次に、Skitchは「原寸での出力」のために自動的にイメージをリサイズします。
もし、このボックスにをチェックを入れると、Skitchの絵のサイズはオリジナルと同じになるでしょう。
(ちなみに、くどいようですが、ここにチェックを入れないでスケッチの枠コーナーハンドルを拡大縮小すると画像の大きさを変更することができます。 )




あなたがこの特徴を使用するかもしれない例として:
  • あなたは、iPhotoからイメージを取り出すか、または印刷するとき、Photosからファイルを開きます。決定した写真(デジタルカメラからの大部分の写真のように)そして、スキッチからの最終的なファイルは、印刷される必要があるとき 。
  • 完全なサイズ画面ショットを撮っていて、結果として生じるスキッチ出力があなたのデスクトップとしての最初のピクセルのためのピクセルサイズであることを望む場合
こういう時は、Export at original sizeにチェックを入れるとスケッチでの最高解像度で保存することができます。