myExtraContent1
myExtraContent2
X-Plane プラグイン開発
X-Planeのプラグイン作成は意外と簡単です。普通のアプリ開発と違って、X-Planeという限られた範囲で勉強すればなんとか動くものを作ることが出来るからです。簡単だとは言うけど、やはり最初は大変ですよね。
正直いって、自分自身もあんまり理解しないで作業をしている部分がかなりあって、動いているから大丈夫だろうなんて思いながら作成しているところがあるんです。
このサイトには基本的な動作をする見本のプラグインがあります。色々あるのですが、しかし参考になるスクリプトは結局ここだけなんです。他のサイトで個人的に作成の仕方とかを詳しく書いているサイトがほとんでありません。
従って、私自身はここにある見本のプラグインを分解しながら勉強しました。特にこのプラグインは配列を使って作成されたものが多いのですが、最初はこの配列が曲者で、全体を理解するのが難しいのです。
配列を使うと、同じようなパターンのスクリプトの場合、短いスクリプトで作成することが出来ます。慣れればこれがいいということはわかりますが、やはり最初はスイッチ1つを扱うにはどう記述をするのかを勉強したほうが分かりやすいですよね。
私が最初にやったのは、見本のように配列ではなく、単体のスイッチを扱うだけの簡単なスクリプトに分解して勉強しました。つまりボタンを押したらスイッチがONになるというような単純なものです。1つのスイッチしか扱えないのですが、これが理解できればいくらでも他のスイッチを同じパターンで追加することができます。

X-Planeの画面で自分の作ったプラグインが動作するとそれだけでワクワクします。


myExtraContent3