Google
 
エコワット(簡易型電力量表示器)
家庭電気の電気代がわかるエコワット。自宅サーバーを運営するとなるとチョット気になるのが電気代、1日平均どのくらい電気を消費しているの計って見たくなりこの機器を購入しました。
自宅サーバーの電気代はいくら?


製造販売元は株式界社エネゲート(大阪市)
電源:AC100V,50/60Hz
負荷接続:ACコンセント、最大15A
消費電力:1W
測定範囲:最小5W、最大1,500W(抵抗負荷)
測定精度:±10%以内

使用方法はエコワットをコンセントに差し込み、下の方についているエコワットのコンセント口に計りたい電気機器のプラグを差し込んで準備OK。エコワットの表示部分に時間の経過がまず表示されます。
更に電気機器のスイッチを入れれば電力量と電気料金が表示されるという仕組みです。そこで電気機器のスイッチを切れば電力量と電気料金の表示はその時点までの電力量と電気料金を表示し増えていきません。動いているのは時間の表示だけです。再び電気機器のスイッチを入れると加算されていきます。
リセットするにはエコワットをコンセントから抜きます。
5W以下の待機電力などは測定できないとの事、電気料金の算定は、1kwhあたり25円で測定。測定可能範囲は最大1,500Wとなっているが実際は1,200W以下で測定して下さいと説明書にはあります。(もし1,500Wで測定する場合は最大1時間で測定を中止して下さいとの事)

気になるサーバーの電気代。Mac mniで測定してみました。 現在448時間で10.2kw、256円と出ています。1日約15円位、あくまで約です。これはMac mniだけを直接差し込んだデータですので、他にモデムやルーター、ハブ等の電気代は別になります。 エコワットはこの名前でインターネットで探せば出てきます。コンセント差し込みタイプが使い安いと思います、2,980円位だと思います。