Macな暮らし Shade13悪戦苦闘
Stacks Image 30
shade13/マッピングのサイズの調整
イメージを読み込んだ時、イメージの大きさと図形の大きさが合わない場合。下の画面の例で形状の大きさに対してイメージが大きすぎます。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 名称未設定

まず。イメージ読み込みから始める。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 名称未設定-2
正面図でマッピングは左下が原点になるのでクリックしてカーソルの位置を固定。右の数値入力をクリック。


数値入力
ここで「カーソル座標に設定」をくりックして先ほどカーソルでクリックした位置に原点を合わせる。


Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 名称未設定-4
ここで右端の編集にチェックを入れると、
正面図にイメージが表示されるので画像の大きだが分かるので大きさをもう少し小さくしてレンガを細かくします。


名称未設定
右クリックで移動>均等拡大縮小を選ぶ。


名称未設定-1
希望の大きさにドラッグして変更する。


Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 名称未設定-5
透視図のプレビューで見るとレンガが小さくなっているのが分かる。
途中の数値入力でも変更できるがこの方法が感覚的に大きさを理解できる。