Macな暮らし Shade13悪戦苦闘
Stacks Image 30
shade13/角の丸め/切り落とし
掃引体や回転体は簡単に形状を作成できるという点では便利ですが、それを複雑な編集となると無理でしょう。
そんな時に、自由曲面に変換することにより、複雑な編集が可能となります。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 一点に収束.shd-4
完成図

まず、立方体を掃引体で作成し、一点に収束を使って1つのパートにまとめます。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 一点に収束.shd
上の閉じた線形状を選び下のように「角の丸め…」又は「角の切り落とし」を選択。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 一点に収束.shd-1

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 一点に収束.shd-2
角が丸くなっている。ツールパラメータで角の大きさを調節して確定。
この時点で「角の切り落とし」に変更するには「丸め」のチェックを外せばOK。
下面も同じやり方で行ないます。

Shade 13.1.0 Basic (32 ビット) _ 一点に収束.shd-3
縦の角を丸めたい場合は縦のラインを選択すれば、「開いた線形状」になるのでそれを選択して「角の丸め」を行う。