Macな暮らし Shade13悪戦苦闘
Stacks Image 30
shade13/レンダリングの設定
レンダリングの設定の表示は、イメージウインドウの左上の▼アイコンで表示/非表示を切り替え出来る。

名称未設定-1

レンダリング手法の選択

名称未設定
Shadeに用意されているレンダリング手法はBacik4種類。上位クラスはもう一つ、トゥーンレンダラもある。

Stacks Image 198
レイトレーシング(ドラフト)
レイトレーシングの機能を一部制限したレンダリング。
高速にレンダリングされるが、リアリティが高くない。まず使わない。
Stacks Image 186
レイトレーシング
Shadeデフォルトのレンダリング手法。
比較的リアルなイメージをレンダリング出来る。速度と品質のバランスが取れている。
Stacks Image 212
パストレーシング
レイトレーシングを発展させた高品質のレンダリング手法。
非常にリアリティのあるレンダリングが期待できる。上と比較して、特に透明感とか金属の輝き感や影のやわらかい感じがリアルに表現されている。その為、レンダリングにはそれなりの時間がかかる。
Stacks Image 230
ワイヤフレーム
形状をワイヤーフレームとしてレンダリング。
名称未設定-4
右の「設定」ボタンをクリック、線の太さ色など設定が出来る。