Makehuman 1.0a6(Nightly Build)バージョン


現在のバージョン (1.0 alpha 6)

This is an "alpha" version, so it's not perfectly stable and include experimental features from MHlab. It's usable for modelling, but there are missed functionalities (for example poses, clothes) and some libraries have few elements (for example, hairs).

これは、"アルファ"バージョンです。ので、それは完全に安定していません。MHlabから実験的な機能が含まれています。
それは、モデリングのために使用可能ですが、逃した機能があります(たとえば、ポーズ、衣服)それと、いくつかのライブラリはいくつかの要素(例えば、毛)を持ちます。


Windows,Os X, Ubuntu.でで利用できる。


ナイトリービルド

ナイトリービルドは、ソースコードの現在の状態を反映しているビルドです。それぞれの夜は、スクリプトが実行され、最新の変更を含む実行可能ファイルを作成する。これは、我々が作っている最新の改良をプレビューするには、チェックインのリリース間でされたバグの修正をテストする素晴らしい方法です。あなたがダウンロードしている場合は毎晩してくださいは、物事が100%動作することを期待していません。あなたは物事を試してみるとあなたが見つけたすべてのバグを報告することができるように、我々はあなたにそれらを利用できるようにします。このプロセスは、我々の最終的なリリースでは、彼らができる最高であることを確認するのに役立ちます。

Windowsでは、OS X、Ubuntuで利用できる。


ナイトリービルドとは、ソフトウェア開発において、開発プロジェクトの最新のソースコードを用いて生成されたビルドのことである。

ナイトリービルドは毎晩、その日に開発者がバージョン管理システムで共有したソースコードを用いて自動的に生成さて、配布される。ナイトリービルドをダウンロードすることで、各開発者は開発中の機能のバグを見つけたり、フィードバックを得たりといった作業がしやすいという利点がある。

ナイトリービルドはテスト目的で利用するビルドであり、安定版としてリリースされているものではない。そのため、現在開発中の最新機能がいち早く体験できるという側面もあるが、基本的には不安定であり、まったく正常に起動しない場合もあり得る。一般的なユーザーがナイトリービルドを利用することは、多くの場合推奨されない。

ナイトリービルドは、オープンソースの開発プロジェクトなどで多く実施されている。代表的な例としてはMozilla財団が開発を手がけているFirefoxやThunderbirdなどを挙げることができる。


Stacks Image 579

サイトで下の方にあるNightly Buildとなっているもの(Macでは上の正式の方はうまく作動しない)

最初のスタート画面で下記の表示が表示される。

Warning
This is an alpha release, which means that there are still bugs present and feat hues missing.
Use at you're own risk Don't show the again

警告
これはアルファリリースです。バグが存在し、見つからにい何か不足しているものが存在するかもしれません。
ご自身の責任で使用してください。

MakeHuman - [Untitled]

メニューの日本語訳に挑戦 Makehuman 1.0a6(Nightly Build)バージョン
一番上のメニュー
・Modeling-モデリング・Files-ファイル・Posing-ポーズ・Library-ライブラリ・Rendering-レンダリング
・Setting-設定・Help・Experiments-実験・Exit-終了
Stacks Image 12
Experiments-実験 メニュー
Random-ランダム・MakeHair-髪を作る・Posing-ポーズ
Random タブ
MakeHair-髪を作る
Posing-ポーズ
(左上)
Tools
Macro-マクロ
Hight-高さ
Modify-修正
Create new-新規作成
Stacks Image 24
(左上)
・Option-オプション
・Frame:0-フレーム
・Play-プレイ
・Show Human-人間を見せる
Stacks Image 28
Library-ライブラリ メニュー
Background-背景・Hair-髪・Texture-テクスチャー
Background-背景
Hair-
Texture-テクスチャー
Stacks Image 32
Rendering-レンダリング メニュー
Aqsis- RenderMan 互換のレンダラー・Povray-3DCGレンダリングソフト・Settings
Aqsis
Povray
Settings-設定
(左上)
・Captions
・ShadingRate:2.00
・Samples:2.00
・Skin Oil:0:30
・Render
Stacks Image 36
Setting-設定 メニュー
・Settings-設定・Shortcuts-ショートカット
Settings-設定
Shortcuts-ショートカット
(左上)
・Shader
・No Shader
・Phong Shader
・Toon Shader
・Skin Shader

・Slider behavior
・Update real-time
・Update nomads

・Mouse behavior
・Nomal:1
・Shift:5

・Units・Metic
・Imperrial
Stacks Image 38
Help メニュー
・Help
(左上)
・Sapport options
・Manual
・Report bug
・Request feature
Table of Contents
Introductionはじめに………………………………………………………………………………………………………………………………….2 Installation......................................................................................................................................................2 Windows...................................................................................................................................................2
Mac OS X..................................................................................................................................................2 Linux.........................................................................................................................................................2
Default Mode.................................................................................................................................................3
Controlling the Display
表示の制御………………………………………………………………………………………………………………….3 Toolbars.....................................................................................................................................................4
Anatomical Controls
解剖学的コントロール……………………………………………………………………………………………………………………..4
Transformer Tool
変形ツール。……………………………………………………………………………………………………………………..4
Granularity Selector
粒度セレクタ………………………………………………………………………………………………………………….4
Ethnic Mixer
人種ミキサー…………………………………………………………………………………………………………………………….5
Tetrawidget Toolbar.
人体の特性…………………………………………………………………………………………………………………5
Pose Controls.................................................................................................................................................5
File Options....................................................................................................................................................6
Export Options...............................................................................................................................................6
Aqsis
RenderMan 互換のレンダラー……………………………………………………………………………………………………………………………………….6
Pixie
オースチンにあるテキサス大学コンピュータサイエンス学科のOkan Arikanが開発した、フリー(オープンソース)のフォトリアリスティックレイトレーシングレンダラ…………………………………………….6
POV-Ray
(ポヴレイ、Persistence of Vision Raytracer)は、多くのコンピュータプラットフォームで利用できるレイトレーシングソフトウェア。 プログラムのソースコードが一般に公開されているオープンソースの3Dレンダリングエンジン(レンダラー)の一つ
6 FootNotes脚注…………………………………………………………………………………………………………………………………….7
Introduction
This Pre-Alpha release is intended to provide users with a technical preview of those features that have been redesigned following feedback resulting from the Nov 2007 MakeHuman release candidate. This is not a full- function release and, most notably, does not provide functionality to allow the figure to be posed. It does illustrate the new mechanisms by which the figure can be modelled for ethnicity, gender and age. More complete releases are expected to follow soon. Please check back regularly for updates.
MakeHuman© is a free interactive modelling tool for creating custom 3D human characters. These characters can be modelled in minutes and can then be used with many other modelling and rendering programs to incorporate realistic human figures into computer generated images and animations. Features that make this software unique include the tetra-parametric GUI© and the Natural Pose System©, for advanced muscular simulation.
The home page for MakeHuman© is at http://www.makehuman.org/. The MakeHuman project is an open source project hosted on sourceforge at http://sourceforge.net/projects/makehuman/. This document is the Quick Start document. The MakeHuman Users Guide at http://makehuman.wiki.sourceforge.net/UG_Introduction covers the same topics in greater detail.

このプレアルファリリースは2007年11月MakeHumanのリリース候補版から生じ、次のフィードバックを再設計されているこれらの機能のテクニカルプレビューをユーザーに提供することを意図している。これは、フル機能のリリースではありませんと、特に、図が提起できるようにする機能を提供していません。それは図が人種、性別や年齢にモデル化できるようにするための新しいメカニズムを示しています。より完全なリリースはすぐに従うことが期待されています。アップデートを定期的に戻って確認してください。
MakeHuman©はカスタム3D人間のキャラクターを作成するための無料のインタラクティブなモデリングツールです。これらの文字は数分でモデル化することができますし、コンピュータ生成された画像やアニメーションに現実的な人物を組み込むために、他の多くのモデリングとレンダリングプログラムで使用することができます。このソフトウェアは独自の機能は、高度な筋肉のシミュレーションのためのテトラ·パラメトリックGUI©とナチュラルポーズシステム©が含まれています。
MakeHuman©のホーム·ページはhttp://www.makehuman.org/~~Vである。 MakeHumanプロジェクトはhttp://sourceforge.net/projects/makehuman/ではsourceforgeでホストされているオープンソースプロジェクトです。このドキュメントでは、クイック·スタート·ドキュメントです。 http://makehuman.wiki.sourceforge.net/UG_IntroductionでMakeHumanユーザーガイドでは、より詳細に、同じトピックをカバーしています。

Installation
In the full release of MakeHuman installers will be available for Windows, Mac OS X and Linux. Installers will be not available until the Alpha testing begins. Until then, compressed archives will be available for Windows and Linux which will need to be unzipped. You will need about 30 MB of disk space for the zipped archive and a further 50MB of disk space for the application code. Once installation is complete you can delete the zip file to recover the disk space that it occupies. It is recommended that you run MakeHuman on a machine with at least 512MB of memory and at least a 800MHz processor.
If you don't have Windows or Linux, you may still be able to build, run and use this application. The MakeHuman source code is available to enable you to perform a build on your own. This requires a bit more effort, additional knowledge and compilation tools. Considerable information on building a copy of MakeHuman can be found in the Developers Guide on the MakeHuman Wiki at http://makehuman.wiki.sourceforge.net/DG_Introduction.

MakeHumanのインストーラのフルリリースでは、Windows、Mac OS XおよびLinux用できるようになります。アルファテストが開始されるまでのインストーラは使用できませんとなります。それまでは、圧縮されたアーカイブは、解凍する必要がありますWindowsおよびLinux用できるようになります。あなたは約30 zip形式のアーカイブ用のディスク領域のMBとアプリケーション·コード用のディスク領域をさらに50メガバイトが必要になります。インストールが完了したら、それが占めるディスク領域を回復したzipファイルを削除することができます。それは、少なくとも512MBのメモリと、少なくとも800MHzのプロセッサを搭載したマシン上でMakeHumanを実行することをお勧めします。
WindowsまたはLinuxをお持ちでいない場合でも、構築、実行し、このアプリケーションを使用することができるかもしれません。 MakeHumanのソースコードは、あなた自身でビルドを実行できるようにするために利用可能です。これは少し多くの努力、追加の知識とコンパイルツールが必要になります。 MakeHumanのコピーを構築する上でかなりの情報がhttp://makehuman.wiki.sourceforge.net/DG_IntroductionでMakeHuman Wikiの開発者ガイドに記載されています。


Windows
The Windows version needs the Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable Package, because MH is compiled with python 2.6. Without these libs, the app can crash at startup. Download the Windows archive file and unzip it into a separate directory on your file system. Double click on makehuman.exe to start the application.
Mac OS X
The Pre-Apha code is not currently available as a compressed archive for Mac OS X
前のAPHAコードは、Mac OS Xのために現在の圧縮アーカイブとして利用できるわけではありません

Linux
A zipped package is available for Ubuntu 8.10. Download the archive and unzip it into a separate directory on your file system. Double click on the makehuman binary to start the application.
Further information on the installation of MakeHuman can be found in the Installation section of the Users Guide at http://makehuman.wiki.sourceforge.net/UG_Installation.
asdfasdf