繧「繧ッ繧サ繧ケ繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー
Google
 
Intel MacにWindows XPをインストールしよう!
Boot Camp(ブートキャンプ)でWindowsが簡単にインストールできるようになりました
さっそく、やってみよう!
必要な物はまずIntel MacとWindows XP[Service Pack2(SP2)]のインストールディスク(Professional)(Home Edition)どちらでもOK。重要なのは(SP2)であるという事。
これしかサポートしていなとの事(ある雑誌にSP2以外でもSP2適用済みのディスクに作り変える方法があると書いてありましたので他の方法もあるのかもしれません)私は安いDSP版を購入しました。
それとドライバCDを作成するためブランクCDが1枚必要。
さらにBoot Campの動作要件に、Mac miniのフォームウェアの更新が必要となっています。 http://www.apple.com/jp/にアクセスしてサポートタブをクリックしてMac miniで検索するとフォームウエアの更新 Mac mini (early 2006) SMC Firmware Update  が見つかると思います。

ダウンロードしたファイルをクリックするとフォームウエアのインストールが始まり、最後にシステム終了を選択していったん完全にシステムを落とす。
そして電源ボタンを押し続けて本体前面の小さな電源ランプが点滅を繰り返したらボタンから手を離す、いつもより長い起動音がして自動的にアップデートが始まる。成功すれば起動したときにダイアログでフォームウェアが最新です。と出る
Boot Campのもう一つの動作要件にMac OSXのバージョンが10.4.6以降とある。

すべての準備が整ったらBoot Campのインストールである。
AppleのホームページでBoot Campで検索すればダウンロードページにたどりつける。
ダウンロードしたファイルをクリックするとインストールが開始される。
インストールされたBoot Campアシスタントはアプレケーションフォルダのユーティリティに入っているので起動するとドライバCDを作成する画面が出るのでCDを入れて続行ボタンを押すとCDが出来上がる。次ぎにパーテョション作成の画面に移ってMacOSX用とWindows XP用にパーテョションを分割する。どちらも最低5GBの空き領域が必要。
パーテョション作成が済んだらWindows XP SP2のインストールが出来るようになる。Windows XP SP2のインストールディスクを入れると自動的に再起動してインストールが開始される(一つだけ注意が必要なのはインストールするパーティションの選択でインストール先を必ず「C:パーティション3」を選ぶ必要がある、それ以外ではMacもWindows起動しなくなるとか) インストールが終わると再起動になる。その後作成したDrivers CD(各種ドライバをまとめたもの)からドライバー類をインストールして終了である。 インストールしたWindows XP SP2の消去や分割のやり直し等はBoot Campアシスタントで簡単にできます。Boot Campアシスタントを起動すると起動ディスクを単一ボリュームに復元という選択肢が増えています。それをチェックして続行ボタンをおし次の画面で復元を押せばOSXだけのシステムになります。OSXには何の影響もありません。